アメックスカードではどのマイルが貯まる?効率的なマイルの貯め方と使い方

ametatsu
アメックスカードではどのマイルが貯まる?効率的なマイルの貯め方と使い方

アメックスカードには航空会社と提携したクレジットカードがあるので、効率よくマイルを貯めるのであれば提携カードを利用するといいでしょう。
しかし、グリーンカードやゴールドカードといったプロパーカードでも、ショッピングだけで15社の航空会社のマイルを貯めることができます。

今回はプロパーカードでマイルを貯める効率的な方法についてご紹介していきます。

プロパーカードでマイルを貯める

アメックスカードのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」では、15の提携航空会社でポイントをマイルに移行することができます。

■提携航空会社・提携マイル

  • ANA
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • ヴァージン・アトランティック航空
  • タイ航空
  • アジア・マイル
  • シンガポール航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • スカンジナビア航空
  • アリタリア航空
  • フィンエアー
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • カタール航空
  • エア・フランス

リワードポイントは100円で1ポイント貯まるので効率よくポイントが貯まりますが、そのポイントを上記提携航空会社のマイルに移行することができます。
提携数が多いので他社の一般的なクレジットカードに比べると交換できるマイルの種類も豊富です。

その中で最も効率よく貯められるマイルはANAマイルです!

マイルへの移行率

ポイントをマイルに移行する場合の移行率は、通常の場合どの航空会社も一律です。

マイル移行率
2,000ポイント→1,000マイル

しかも、ANAマイルに移行する場合は「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加費税別5,000円が必要となるので、このままではANAマイルへの移行は最も効率が悪いことになります。
しかし、年会費税別3,000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、ポイント移行率は次のようになります。

ANAマイル
1,000ポイント→1,000マイル

ANAマイル以外
1,250ポイント→1,000マイル

これらの事を考えるとマイル移行率に関してはANAマイルが最も効率的です。
別途年会費が合計8,000円かかりますが、この年会費は毎年支払う必要はありません。
貯まったポイントをANAマイルに交換するときに参加すれば問題ありません。

ポイントの有効期限は3年ですが、一度でもポイント交換すると有効期限がなくなります。
一度ポイント交換をして有効期限をなくしてから、ANAマイル移行のためにポイントを貯めるか、3年間ポイントを貯めてからANAマイルに移行しましょう。

メンバーシップ・リワードでJALの無料航空券を手に入れる方法

メンバーシップ・リワードではJALと直接提携していないので、JALマイルへの移行はできません。
しかしブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のマイルに移行することで、JALの国内無料航空券に交換することができます。
しかもJAL経由で交換するよりも少ないマイルで交換できます。

羽田出発の場合必要なBAのマイル数 ※()内はJAL

札幌 9,000マイル(15,000マイル)
大阪 9,000マイル(12,000マイル)
福岡 9,000マイル(15,000マイル)
鹿児島 9,000マイル(15,000マイル)

JALのディスカウントマイルは考慮していませんが、BAの交換マイル数は格段に少なく、しかも搭乗日当日まで交換することが可能です。
ANAだけでなくJALも利用するという人はアメックスカードがお得です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードとグリーンカードの比較

ANAマイルを貯めるには、ANAアメックスカードとグリーンカードではどちらの効率が良いでしょうか。具体的に比較してみましょう。

■年会費とマイル移行に必要な参加費

ANAアメックスカード
カード年会費税別7,000円
ポイント移行コース税別6,000円
合計13,000円
グリーンカード
カード年会費税別12,000円
ANAコース参加費税別5,000円
メンバーシップ・リワード・プラス税別3,000円
合計20,000円

同じ1,000ポイント1,000マイルに移行するのにかかる費用は、グリーンカードのほうが格段に高くなります。
しかもフライトボーナスマイルや継続マイルなどANAアメックスはマイルが貯まりやすいサービスが多いので、効率的にはANAアメックスカードがおすすめです。

しかしカード年会費にはANAマイル以外のサービスも含まれるので、グリーンカードの年会費が高いのはANAアメックスカード以上のサービスが提供されているからです。
カード年会費を除いた参加費だけを比較すると、2,000円の差額しかありません。
さらにグリーンカードはANAマイルだけではなく15種類のマイルを貯めることができ、JALの無料航空券も効率よく交換できます。

ANAマイルに特化して貯めるのであればANAアメックスカード、JALやその他の航空会社も利用するのであればグリーンカードの利用がおすすめです。

まとめ

アメックスのポイントプログラムはポイント還元率が低くあまり評判はよくありませんが、マイルを貯めるという点では他社カードにはないメリットがあります。
数多くの提携空港会社があり、マイルへの移行率もアップできるサービスもあります。
国内はもちろん海外への出張が多い人にとっても、アメックスカードはメリットの大きいクレジットカードです。