アメックスカードの家族カードはかなりお得!サービスの内容は?

ametatsu
アメックスカードの家族カードはかなりお得!サービスの内容は?

アメックスは豊富なサービスと特典が魅力ですが、家族カードを使えば家族の人もその特典を利用することができます!
アメックスの家族カードのメリット・注意点と、どんなサービスを受けることができるのかを徹底的に解説します。

アメックス家族カードは発行しやすく、メリットが沢山!

家族カードはクレジットカードに追加して発行するので単独で発行することはできません。
必ず追加発行が可能なクレジットカードを持っている必要があります。このカードを親カードと呼んでいます。

家族でも個別にクレジットカードを申し込みすれば、サービスをすべて利用することができるので、家族カードは必要がないように思われます。
しかし、特に年会費の高いアメックスカードでは年会費が安くなる家族カードを作るとお得に利用できます。

また、家族カードの審査は申し込みする家族ではなく親カード会員が対象となります。
その為アメックスカードを個別に申し込みした場合に却下される家族でも、家族カードでは発行が可能というケースもあります。

カード利用枠は個別発行のほうが大きくなる可能性はありますが、確実にカードを発行できる家族カードはそれだけでメリットがあります。

アメックス家族カードの申込条件

アメックスカードの家族カードの申し込み条件は、「配偶者、両親、18歳以上の子供」となっています。
そのためまったくの第三者はもちろん、祖父母や兄弟・姉妹にも家族カードは発行できません。

家族カードを利用した場合、請求金は親カード会員に対して行なわれます。引き落とし口座も親カードの口座からになるので、家族カード会員は支払いをする必要もありません。また、利用限度額も親カードの限度額の範囲内となります。
家族カードの利用は親カードに請求されるのでポイントも親カードに付きますが、家族カードを利用することでポイントが貯まりやすくなるメリットがあります。

なおアメックスカードの家族カードの年会費は次のとおりです。

※すべて税別、( )内は親カードの年会費

  • グリーンカード:6,000円(12,000円)
  • ゴールドカード:1枚目は無料。2枚目以降12,000円(29,000円)
  • プラチナカード:年会費無料で最大4枚まで発行

家族カードの基本がわかったところで、具体的に家族カードではどんなサービスが利用できるかを確認してみましょう。

付帯保険の家族特約と家族カード会員

アメックスの海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険では家族特約が付いているので、家族カード会員でなくても補償を受けることができます。
しかし、家族カード会員になっていると、家族特約で受ける補償金額よりも大きな補償が受けられます。

参考までにゴールドカードでカード決済をした場合の補償金額は次のとおりです。

●国内旅行傷害保険の補償金額

親カード会員 家族カード会員 家族特約の補償金額
死亡後遺障害 最高5,000万円 5,000万円 1,000万円

●海外旅行傷害保険の補償金額

親カード会員 家族カード会員 家族特約の補償金額
死亡後遺障害 最高1億円 5,000万円 1,000万円
治療費用 最高300万円 300万円 200万円
賠償責任 最高4,000万円(共通)
携行品損害保険金 1旅行中最高50万円(共通)
救援者費用 最高400万円 400万円 300万円

家族特約の補償金額はどの補償でも家族特約よりも大きくなっていますが、家族カードは18歳以上でなければ作ることができません。小さい子供がいる場合などは家族特約にメリットがあります。

家族カードで利用できるサービス

基本的に親カードで利用できるサービスは家族カード会員でも利用することができます。
例として代表的なアメックスカード会員が利用できるサービスをご紹介しましょう。

  • 空港ラウンジの利用、プライオリティ・パスの会員登録
  • プラチナカード以上のコンシェルジュサービス

空港ラウンジの利用は同伴者扱いとは違うので、親カード会員がいない場合でも単独で空港ラウンジを利用することができます。
同様にプラチナカード以上のプレミアムカードでも、単独でコンシェルジュサービスの利用が可能です。

家族カード利用の注意点

家族カードの利用限度額は親カードの限度枠の範囲内で利用します。
つまり家族カードを使いすぎると、肝心の親カード会員が利用できる枠が少なくなります。
家族カードを利用する場合は利用枠に注意しましょう。
しかし、充分な利用枠がある場合はあまり心配する必要はありません。
その意味では年会費が無料になるプラチナカードが最も家族カードを使いやすいといえます。

家族カードの利用はすべて親カードの請求書に記載されるので、内緒の買い物はできなくなります。
買い物の内容を知られたくない場合は、個別にクレジットカードを作りましょう。
しかし、子供が海外留学や実家を離れて大学に通うなどといったケースでは、カードの利用内容を親が把握できるという点ではメリットがあります。

まとめ

アメックスカードの家族カードのメリットや注意点はおわかりいただけたでしょうか?
家族カードもクレジットカードであることには変わりないので、家族といっしょにポイントを貯めるなど有効に使うとメリットが大きくなります。
特にアメックスカードのようにサービスが豊富で年会費が高いカードは、家族カードのメリットが大きいといえます。