アメックスカードでApple Payが使える!メリット・デメリットは?

ametatsu
アメックスカードでApple Payが使える!メリット・デメリットは?

Apple Payは日本でもiPhone7から利用可能になった、スマートフォンによる決済手段です。
Apple PayはiPhoneにクレジットカードを登録することで買物に利用でき、アメックスカードもApple Payは利用可能です。

今回はアメックスカードでのApple Payの利用方法やそのメリット・デメリットについて解説していきます。

Apple Payの仕組み

Apple Payはクレジットカードを登録して決済しますが、実際に3つの電子マネーのうちひとつで決済をする仕組みです。

その電子マネーはSuica、iD、QUICPayの3種類ですが、アメックスカードはQUICPayに対応しています。
これはApple Payを利用する場合に電子マネーの購入が必要という意味ではなく、電子マネーを持っていなくてもApple Payは利用できるので安心しましょう。

Apple Payが利用できる加盟店はApple Payと提携した加盟店以外に、電子マネーが利用できる加盟店があります。
アメックスカードの場合はQUICPayやQUICPay+の加盟店でも利用することができます。
QUICPayが利用できる加盟店は公式サイトを参照しましょう。
参考:http://www.quicpay.jp/shoplist/

また、クレジットカードは登録してしまえば、現物のカードを持ち歩く必要はありません。
会員番号などのカード情報も加盟店に残らないシステムなので、クレジットカードで直接決済するよりも安全性が高いメリットがあります。

それでは具体的にアメックスカードをApple Payに登録する方法についてご紹介しましょう。

Apple Payにアメックスカードを登録する方法と使い方

①Apple Payを利用するのに必要なWalletアプリを起動すると、アメックスカードの登録が可能となります。
②画面右上に「+」のマークがあるので、それをタップして「次へ」を続けてタップします。
③カードの周囲を選択する画面となるので「クレジット/プリペイドカード」を選択します。
④カメラでカードを撮影すると自動でカード情報が読み込まれます(手動登録も可)。

アメックスカードの登録自体は簡単にできますが、ビジネスカードの場合は登録後に電話認証が必要です。次に使い方について説明しましょう。

複数のカードを登録した場合はメインカードを設定することでよく利用するカードが最初に表示されます。
加盟店で使う場合はアメックスカードの場合、「QUICPayでお願いします」というように決済する電子マネーを指定します。
ホームボタンに触れながら、加盟店のカードリーダーにiPhoneの上部をかざすだけで決済は完了します。

Apple Payのメリット

Apple PayにはクレジットカードだけではなくSuicaも登録することができます。
つまりiPhoneがあれば改札をスマートフォンだけで通過することができるメリットがあります。

さらに登録してあるクレジットカードでチャージすることもできるので、チャージするのに現金は不要になります。
ただし、アメックスカードでSuicaチャージをしてもポイントは付かないので注意しましょう。

それ以外のApple Payのメリットはこちら

  • クレジットカードのポイントが付く
  • ANA Skipサービスに対応
  • Suicaの新規登録はデポジット(500円)不要
  • クレジットカードの持ち歩きが不要(最大8枚登録可)
  • 暗号化により安全性が高い
  • 紛失時に自分で一時的に使えなくする機能がある

ANA Skipサービスは予約・購入・座席指定を済ませていれば、直接保安検査場にすすめるサービスです。
この時2次元バーコードが必要となりますが、Apple Payも2次元バーコードに対応しています。

Apple Payのデメリット

Apple Payにはメリットも数多くありますが、いくつかデメリットもあるので、デメリットを理解した上で利用しましょう。

  • 使える加盟店が少ない
  • Apple Payだけでは共通ポイントが付かない

クレジットカードを登録して利用するApple Payですが、カード加盟店が使えるわけではありません。
Apple Payの加盟店と対応する電子マネーの加盟店でしか使えません(アメックスカードはQUICPay加盟店)。
そのためクレジットカード加盟店と比べると使えるお店が少ないというのがデメリットです。

Tポイント等の共通ポイントはポイントカードを提示しなければポイントが付きません。
そのためApple Payだけで決済するとポイントが付かないので、最初にポイントカードを提示する手間がかかります。
スマートフォンだけで決済できるのがApple Payの魅力でありメリットですが、共通ポイントに関してはまだ対応できていません。

アメックスでApple Payの利用をする場合の注意点

アメックスカードはグリーンカードやゴールドカードなどのプロパーカード以外にも、ANAアメックスカードなどの提携カードもApple Payに登録することができます。
しかし国際ブランドよりもカード発行会社が優先されるため、クレディセゾンやMUFGとの提携カードの場合は、セゾンカードやMUFGカードとして認識されるので注意しましょう。

Suicaチャージでポイントがつかないというのは、すでにお話しましたが、これはApple Payのデメリットではありません。
アメックスカードでSuicaチャージにポイントが付かないというデメリットです。
したがってアメックスでApple Payの利用すること自体には、それほど大きなデメリットは存在しません。

まとめ

アメックスカードは高級ブランドのイメージがあるので、コンビニなどで少額利用するには抵抗がある人も多いでしょう。
そんな人はApple Payの利用をすることで、少額利用にもポイントが付くというメリットが増えます。
まだ利用していない人はこの機会にアメックスカードをApple Payに登録してみましょう。