アメックスカードの年会費はサービスと比べてお得?

ametatsu
アメックスカードの年会費はサービスと比べてお得?

アメックスカードはステータスの高さとサービスの質の高さで人気がありますますが、その反面年会費が高いことでも有名です。

一般カードのグリーンカードでも、他社のゴールドカードの年会費を上回る税抜12,000円という年会費です。
しかし、年会費以上にサービスの質が高ければ、それはコストパフォーマンスの高さにもつながります。

アメックスの4種のプロパーカードの年会費とサービス内容から、高い年会費を払って持つ価値があるか検証していきます。

アメックスプロパーカードの年会費とコストパフォーマンス

グリーンカードのコストパフォーマンス

アメックスグリーン

  • 年会費:税抜12,000円
  • ポイントサービス:メンバーシップ・リワード(ポイント還元率0.3%~)
  • 海外旅行傷害保険最高5,000万円利用付帯
  • 国内旅行傷害保険最高5,000万円利用付帯
  • 空港ラウンジ無料サービス
  • プライオリティ・パスのスタンダード会員無料
  • プロテクション
    オンラインプロテクション、ショッピング・プロテクション(年間500万円)、リターン・プロテクション(年間15万円)

…その他多数

上記以外にもサービスは提供されていますが、サービスの価値という点ではプライオリティ・パスが最もわかりやすいでしょう。
年会費99ドルのスタンダード会員が無料になるので、約11,000円相当の価値があります。

これに加えて利用条件によっても違いますが、海外旅行傷害保険の保険料は2,000円以上の価値はあるので、これだけで年会費以上のサービスが提供されていることがわかります。

もちろんサービスを活用できるということが前提となりますが、海外旅行の頻度が高い人ほどグリーンカードのコストパフォーマンスは高くなります。

ゴールドカードのコストパフォーマンス

アメックスゴールド

  • 年会費:税抜29,000円
  • ポイントサービス:メンバーシップ・リワード(ポイント還元率0.3%~)
  • 海外旅行傷害保険最高1億円自動付帯(内利用付帯5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険最高5,000円利用付帯
  • 航空便遅延費用補償
  • 空港ラウンジ無料サービス
  • プライオリティ・パスのスタンダード会員無料(年2回無料)
  • プロテクション
    オンラインプロテクション、ショッピング・プロテクション(年間500万円)、リターン・プロテクション(年間15万円)、キャンセル・プロテクション
  • ゴールド・ダイニング by 招待日和

…その他多数

ゴールドカードの年会費はグリーンカードに比べて2倍以上高くなりますが、プライオリティ・パスでは年2回の利用が無料となります。
プライオリティ・パスの年会費11,000円に加えて、約3,000円×2回=6,000円が、グリーンカード会員よりお得になるので、合計17,000円の価値があります。

アメックスゴールドカードは補償が他のカードにはないほど充実しています。

航空便遅延費用補償は海外旅行で、乗継遅延・出向遅延・欠航・手荷物の遅延や紛失の場合に補償するサービスです。
海外では特に遭遇するトラブルのひとつですが、2万円~4万円の補償金額なので、1回でも利用すればプライオリティ・パスに加えて年会費以上の価値があります。

それ以外にもグリーンカードにはないキャンセル・プロテクションも利用価値のある補償サービスです。
予定していた旅行やコンサートが急な都合でいけなくなっても、発生するキャンセル料を年間10万円まで補償されます。

また、ゴールド・ダイニング by 招待日和は、1名分のコース料理が無料になるなどかなり魅力的です。

アメックスゴールドカードは保障やサービスなど年に数回利用するだけで、年会費以上のコストパフォーマンスがあります。

プレミアムカードのコストパフォーマンス

プラチナカードやセンチュリオンカード(ブラックカード)といったプレミアムカードの場合、コストパフォーマンスよりもステータスの高さに価値があります。
そのためコストを考えてクレジットカードを利用する人にとっては不向きのカードといえます。

しかしプレミアムカードの質の高いサービスは、高額な年会費以上の価値があります。
ただしサービスを使いこなせるというのが前提になります。

例えば、プレミアムカードのサービスのひとつに、コンシェルジュサービスがありますが、24時間365日私設秘書のようなサービスを提供しています。
もしこのサービスの代わりに人を雇うとしたら、センチュリオンカードの年会費35万円ではとても足りないでしょう。
特に個人事業主など人件費を節約したい経営者にとっては、コンシェルジュサービスは価値が高いサービスということになります。

コストパフォーマンスを考える場合、サービスを充分に活用することができるかという点が重要になります。
いくら価値が高いサービスでも活用できなければ年会費以上のメリットは得られません。

特にプレミアムカードに関しては、カードが人を選ぶという表現がよくあてはまります。
プレミアムカードに価値を感じる人は、サービスを活用できる人に限られるということです。


まとめ

どのカードもサービスを活用することで年会費以上の価値を見出すことができます。
年会費の高いアメックスカードに申込むときは、ますはサービス内容を確認して十分活用できるかどうかを検討しましょう。

サービスが活用できればアメックスカードはコストパフォーマンスが高いクレジットカードとなります。

■旅行関係サービスの詳細
・空港ラウンジ無料利用
・プライオリティパス
・トラベルデスク
・旅行サービス
・空港サービス

■食事関係サービスの詳細
・ゴールド・ダイニング by 招待日和
・ダイニングアクセス