アメックスの付帯保険はどんなものがある?補償内容を徹底調査

ametatsu
アメックスの付帯保険はどんなものがある?補償内容を徹底調査

アメックスカードは付帯保険が充実していると言われています。

一般カードのグリーンカードでも、他社のゴールドカード並みの付帯保険が提供されており、
海外旅行傷害保険だけではなく他社にはない補償サービスも提供されているという特徴があります。

インビテーションが不要で申込可能な、
・アメックスグリーンカード
・アメックスゴールドカード
の付帯保険はどれくらい充実しているのか、徹底的に検証してみました。

アメックスの海外旅行傷害保険

クレジットカードの付帯保険には様々な保障内容がありますが、アメックスカードはどれをとっても他のカードより優秀です。

グリーンカード
(利用付帯)
ゴールドカード
(自動付帯)
死亡後遺障害 最高5,000万円(家族特約1,000万円) 5,000万円(家族特約1,000万円)※利用付帯:1億円(家族特約1,000万円)
治療費用 100万円 200万円(利用付帯:300万円、家族特約200万円)
賠償責任 最高3,000万円 最高4,000万円、家族特約も同額
携行品損害(免責3,000円) 最高30万円(年間100万円) 最高50万円(年間100万円)、家族特約同額
救援者費用 最高200万円 最高300万円(利用付帯:最高400万円、家族特約300万円)

「利用付帯」は旅行費用などをカード決済する条件付きで保険が適用されます。
「自動付帯」は旅行の出発と同時に無条件で保険が適用されます。

また、「家族特約」はカード会員の家族も補償するサービスで、配偶者・子供・親などの親族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族)が対象となります。
家族カードを持つことができない家族も補償の対象となるので、メリットが大きいサービスです。

特にアメックス・ゴールドカードは死亡後遺障害以外も家族特約の対象となるのでお得です。

国内旅行傷害保険と航空便遅延費用補償

アメックスカードの場合、海外旅行サービスが充実しているので国内旅行傷害保険に関してはそれほど充実しているとは言えません。
実際ゴールドカードまでは死亡後遺障害の補償だけで、入院費や通院費の補償はありません。

グリーンカード(利用付帯) ゴールドカード(自動付帯)
死亡後遺障害 最高5,000万円 最高5,000万円(家族特約1,000万円)

航空便遅延費用補償はゴールドカード以上に付帯される補償で、次の場合に保険金が支払われます。

  • 乗継遅延費用:1回の到着便の遅延について最高20,000円
  • 出航遅延・欠航・搭乗不能費用:1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能について最高20,000円
  • 受託手荷物遅延 :1回の受託手荷物の遅延について最高20,000円
  • 受託手荷物紛失:1回の受託手荷物の紛失について最高40,000円

上記の補償は海外旅行に限られますが、航空便の遅延や手荷物紛失などはよくあることなので、補償があるとかなり助かるサービスです。

各種プロテクション

アメックスカードには「プロテクション」と呼ばれる補償サービスがあります。
このプロテクションにはアメックスにしかない補償も含まれていて、他社にはないサービスとなっています。

グリーンカード
・オンラインプロテクション
・ショッピング・プロテクション 500万円
・リターン・プロテクション 1商品最高3万円(年間15万円)
ゴールドカード
・オンラインプロテクション
・ショッピング・プロテクション 500万円
・リターン・プロテクション 1商品最高3万円(年間15万円)
・キャンセルプロテクション 年間最高10万円

上オンラインプロテクションはネット上の不正利用に対応した保険で、ショッピング・プロテクションはカードで購入した商品を補償するいわゆるショッピング保険です。
しかし、リターン・プロテクションとキャンセルプロテクションは他社にない補償サービスです。

リターン・プロテクション
アメックスカードで購入した商品の返品を加盟店が受け付けない場合、購入日から90日以内であればアメックスが払い戻します。
キャンセルプロテクション
急な病気や出張で行けなくなった旅行やコンサートなどのキャンセル手数料を、年間最高10万円まで補償します。

上記のように、カード会員の都合で生じた費用であっても、補償の対象になるのはアメックスだけの特徴です。

プラチナカード以上はさらに補償が充実

アメックスカードにはインビテーション(招待状)がなければ入会できない上位カード、プラチナカードとセンチュリオンカードがあります。
特にセンチュリオンカードはブラックカードとも呼ばれていて、会員数にも制限があるのでインビテーションも難しい最上位カードです。

これらのプレミアムカードではさらに充実した補償の付帯保険を提供しています。
旅行傷害保険を例にとって補償内容を一部ご紹介しましょう。

プラチナカードの海外旅行傷害保険(自動付帯)

  • 死亡後遺障害最高5,000万円※利用付帯:1億円
  • 治療費用1,000万円
  • 賠償責任最高5,000万円
  • 携行品損害(免責3,000円)最高100万円
  • 救援者費用最高1,000万円

特にメリットがあるのは治療費用の1,000万円でしょう。
海外では医療費用が高額ですが、1,000万円の補償があればほとんど治療に対応できます。
さらにセンチュリオンカードでは治療費用の補償金額は2,000万円にもなります。

プレミアムカードは年会費も高いですが、提供しているサービスの質も高いことがよくわかります。

まとめ

アメックスの付帯保険や補償は他のクレジットカードと比べて、かなり充実しています。

特にカードのグレードが高いほど補償金額も高くなることはおわかりいただけたことと思います。
アメックスカードを持つのであれば、なるべくゴールドカード以上のカードを持つことで、質に高いサービスを受けることができます。