アメックスゴールドはグリーンカードよりお得?あらゆる視点から徹底比較!

ametatsu
アメックスゴールドはグリーンカードよりお得?あらゆる視点から徹底比較!

「アメックスカードカードはグリーンとゴールドで具体的に何が違うのか?」
アメックスカードを検討している人から、この疑問を頻繁に聞きます。

この記事では、アメックスグリーンとアメックスゴールドをあらゆる面で比較し、どちらの方がコストパフォーマンスが高いのかを検証しました。

アメックスカードを検討している人はぜひ参考にしてください。

アメックスゴールドとグリーンカードの年会費を比較

アメックスゴールドとグリーンカードの年会費は次のとおりです。

年会費
アメックスグリーン 12,000円(税別)
アメックスゴールド 29,000円(税別)

グリーンカードと比べると税抜で年間17,000円高くなります。

家族カードの年会費

家族カードの年会費は、アメックスグリーンは有料ですが、アメックスゴールドは1枚目が無料となるのでお得です。

1枚目 2枚目以降
アメックスグリーン
家族カード
6,000円(税別) 6,000円(税別)
アメックスゴールド
家族カード
無料 12,000円(税別)

家族カードを1枚だけ発行した場合、本カードの年会費と合わせると以下のようになります。

・グリーンカード:税抜12,000円+6,000円=18,000円
・ゴールドカード:税抜29,000円

家族カード会員二人目以降はゴールドカードの年会費は税抜12,000円かかるため、グリーンカードとの差額が一人に付き6,000円多くかかります。

そのため家族カード1枚だけ発行するケースでゴールドカードとグリーンカードのコストの差額は最小の11,000円です。

コスト面だけを考えると家族カードを1枚発行すれば、ゴールドカードのコストパフォーマンスが最大になります。

家族カードを2枚以上作る場合、アメックスゴールドの年会費はグリーンカードの2倍以上となりますが、問題はサービスにそれ以上の価値があるかどうかという点です。

アメックスゴールドとグリーンカードの付帯保険を比較

アメックスゴールドのサービスはグリーンカードと比べて年会費の差額以上のメリットはあるでしょうか?

まずは付帯保険から比較してみましょう。

海外旅行傷害保険の補償金額
アメックスグリーン アメックスゴールド
死亡後遺障害 最高5,000万円 1億円[内5,000万円は利用付帯]
治療費用 最高100万円 200万円[利用付帯は300万円]
賠償責任 最高3,000万円 4,000万円
携行品損害救援者費用 30万円 50万円
救援者費用 最高200万円 300万円[利用付帯は300万円]
国内旅行傷害保険の補償金額
最高5,000万円[利用付帯] 最高5,000万円[利用付帯]
海外航空便遅延費用
なし 最高4万円
プロテクション
キャンセル・プロテクション なし 年間最高10万円まで補償
オンライン・プロテクション あり あり
ショッピング・プロテクション 年間最高500万円まで補償 年間最高500万円まで補償
リターン・プロテクション あり あり

付帯保険に関してアメックスゴールドがグリーンカードに比べてメリットが大きいのは、海外旅行傷害保険の補償金額とキャンセル・プロテクションが付帯されている点です。

海外旅行傷害保険では治療費用の補償額が大きく違うので、安心して海外旅行ができます。

また、ゴールドカードには家族特約が付いているので、家族カードが作れない18歳未満の子供がいても安心して家族旅行が可能です。

グリーンカードには付帯されていないキャンセル・プロテクションは、病気などで予約済みの旅行やコンサートに行けなくなった場合のキャンセル費用を補償するサービスです。

キャンセル・プロテクションがあれば、急なキャンセルでもキャンセル手数料などを気にする必要がなくなります。

アメックスゴールドとグリーンカードのトラベルサービスを比較

一般的にゴールドカードの特徴的なサービスには空港ラウンジサービスがあります。
しかしアメリカン・エキスプレスではグリーンカードでも国内空港ラウンジサービスが利用できます。

さらにグリーンカードではプライオリティ・パスのスタンダード会員の年会費が無料になるサービスも付いているので、他社のゴールドカードよりもトラベルサービスが充実しています。

アメックスゴールドカードにも、国内空港ラウンジとプライオリティ・パスのサービスがありますが、グリーンカードと違う点がひとつあります。

それはグリーンカードのプライオリティ・パスのスタンダード会員は空港ラウンジの利用には27ドルの料金がかかりますが、アメックスゴールド会員は年間2回まで無料で利用できるという点です。

アメックスゴールドだけのサービスの価値

グリーンカードにはないゴールドカードのサービスの価値を個別に検証してみましょう。

プライオリティ・パス
グリーンカードでもゴールドカードと同じプライオリティ・パスのスタンダード会員の年会費が無料となります。
しかし、グリーンカードでは空港ラウンジの利用1回に付き27ドルの料金が発生しますが、ゴールドカードの場合は年会2回まで無料で利用できます。
1ドル110円として計算するとゴールドカード会員は5,940円お得ということになります。
ゴールド・ダイニング by 招待日和
ゴールド・ダイニング by 招待日和は提携レストランで2名分以上のコース料理を予約すると1名分無料になるサービスです。
グリーンカードでは利用できないサービスなので利用回数が多いほどお得になります。
1店舗につき半年に1回という制約はありますが、店舗が違っていれば何度でも利用できます。
1万円のコース料理を予約して3回利用するだけでゴールドカードの年会費に相当します。
プリファード・ゴルフ
世界70ヶ所以上の提携ホテルに2泊以上すると、ホテル契約のゴルフ料金が1名分無料になるサービスです。
またサービスの年会費295ドル(32,450円)も無料となります。

上記のサービスをフル活用すると年会費が無料になってさらにお釣りが来るくらいの価値があります。

もちろんゴルフをやらない人やそれほど海外旅行をしないという人もいるでしょう。しかしゴールドカードだけのサービスは上記以外にもあります。

その他のアメックスゴールドだけのサービス

金銭的な価値がはっきりしているゴールドカード特有のサービスをご紹介しましたが、ゴールドカードだけのサービスはそれ以外にもあります。

American Express Invites(レストラン優待)
世界400ヶ所以上のレストランで20%オフやボトルワインのサービスなどの優待特典を受けられます。
ゴールド・ワインクラブ
エノテカ・オンラインとの提携によって会員限定でワインに関するサービスを受けることができます。
京都特別観光ラウンジ
高台寺塔頭 圓徳院「京都特別観光ラウンジ」の利用ができます。
同伴者3名まで圓徳院の拝観無料や高台寺・掌美術館の拝観割引といったサービスがあります。
航空便遅延費用補償(海外旅行)
海外旅行に限られますが、以下の補償があります。
・乗継遅延費用:最高2万円
・出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高2万円
・受託手荷物遅延:最高2万円
・受託手荷物紛失:最高4万円

サービスによっては、あまり利用しない場合もあるかもしれませんが、幅広いサービスが提供されているのでどのサービスを利用してもグリーンカードよりもお得になるのは間違いありません。

特に海外旅行向けのサービスは充実しているので、海外旅行が多い人であれば間違いなくゴールドカードはグリーンカードよりもコストパフォーマンスが高いと言えます。

まとめ

アメックスゴールドは年会費も高いですが、それ以上のサービスが提供されていることがおわかりいただけたことでしょう。

特にアメックスカードを持ちたいと考えている人であれば、海外旅行向けサービスに魅力を感じている人は多いはずです。

その点ではアメックスゴールドはグリーンカードに比べて特有のサービスも多く、同じサービスでも質が高くなっています。

また、今回ご紹介できなかったアメックスゴールドだけの優待特典もたくさんあるので、グリーンカードよりもアメックスゴールドへの入会をおすすめします。

審査に不安がある人はグリーンカードに入会して実績を積み重ねることで、ゴールドカードへのアップグレードもできるので、最終的にはアメックスゴールドを目指しましょう。