アメックスカードで利用できる空港ラウンジは?サービス内容まで徹底調査

ametatsu
アメックスカードで利用できる空港ラウンジは?サービス内容まで徹底調査

空港ラウンジサービスは一般的にゴールド以上のクレジットカードに付帯されているサービスです。
しかし、アメックスカードでは一般カードのグリーンカードでも空港ラウンジを利用できます。

このページでは、アメックスカードの空港ラウンジサービスについて徹底的に解説します。

アメックスカードで利用できる空港ラウンジ

クレジットカードで利用できる空港ラウンジは、クレジットカード会社が共同で運営している空港ラウンジです。
アメックスカードで利用できる空港ラウンジも基本的には他社カードでも利用できるラウンジとなっています。

アメックスカードで利用できる空港ラウンジがある空港は次のとおりです。

空港ラウンジが利用できる国内空港(29箇所)

新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台空港
羽田空港、成田国際空港、新潟空港、富山空港、中部国際空港
小松空港、大阪国際空港、伊丹空港)、関西国際空港、神戸空港 
岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、高松空港
松山空港、徳島空港、北九州空港、福岡空港、長崎空港
大分空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港

空港ラウンジが利用できる海外空港(2箇所)

ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)
韓国 仁川国際空港

主要国際空港の空港ラウンジ

最も利用者が多い国際空港、羽田空港・成田国際空港・関西国際空港について、利用できる空港ラウンジをご紹介しましょう。

羽田空港の航空ラウンジ

  • 国際線ターミナル4F「Sky Lounge」
  • 第1ターミナル1Fエアポートラウンジ(中央)
  • 第1ターミナル2F「POWER LOUNGE NORTHPOWER LOUNGE」
  • 第2ターミナル「POWER LOUNGE SOUTH」

成田国際空港の航空ラウンジ

  • 第1旅客ターミナル中央ビル5階「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」
  • 第2旅客ターミナル本館4階「IASS EXECUTIVE LOUNGE 2」

関西国際空港の航空ラウンジ

  • 旅客ターミナル3F北側 カードメンバーズラウンジ 「比叡」
  • 北ウィング2F「六甲」、「アネックス六甲」
  • 南ウィング2F「金剛」

空港ラウンジのサービス内容

基本的に空港ラウンジは有料サービスですが、提携するカード会員は無料で利用できます。
カード会員本人だけ無料というサービスが多い中で、アメックスカードの場合は同伴者も1名まで無料となります。

それでは羽田空港のSky Loungeを例にとって具体的なサービス内容をご紹介しましょう。
他の空港ラウンジサービスもほぼ同じ内容です。

●空港ラウンジサービス

  • 同伴者2名以降利用料金:大人税込1,030円、子供520円
  • ソフトドリンク無料(アルコール有料)
  • 新聞・雑誌閲覧
  • 無線LAN対応

上記以外のサービスでは有料でシャワールームの利用やマッサージチェア、FAX・コピーが使用できるラウンジもあります。
いずれのラウンジでも基本的に発着時間までくつろいで過ごすことができるスペースが提供されています。

プライオリティ・パスとの違い

空港ラウンジは、プライオリティ・パスという有料のサービスでも利用できます。

アメックスカードではグリーンカードでもプライオリティ・パスの年会費が無料になるサービスが提供されています。
グリーンカードとゴールドカードでは、プライオリティ・パスのスタンダード会員(年会費99ドル)が無料になります。

なお、プラチナカード以上はプレステージ会員(年会費399ドル)が無料となり、すべての空港ラウンジを無料で利用できます。

スタンダード会員は全世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できますが、1回の利用料金は27ドルと有料です。
ただし、アメックスゴールドの会員は年間2回まで無料で利用できます。
日本では成田国際空港のラウンジが利用できるのでご紹介しましょう。

●プライオリティ・パスで利用可能な成田国際空港のラウンジ

  • IASS EXECUTIVE LOUNGE(第1・第2ターミナル)
  • KALビジネスクラス・ラウンジ(第1ターミナル)
  • T.E.Iラウンジ(第1・第2ターミナル)

アメックスカードで利用できる空港ラウンジもありますが、KALビジネスクラス・ラウンジは大韓航空のビジネスクラス・ファーストクラス専用の空港ラウンジです。
プライオリティ・パスを利用すると、クレジットカード会社が運営する以外のVIPラウンジも利用できるというメリットがあります。

デメリットとしては国内で利用できる空港ラウンジは少なく、成田国際空港以外はKALラウンジがある福岡国際空港、中部国際空港、関西国際空港だけとなっています。
プライオリティ・パスは基本的に海外の空港ラウンジ専用と考えましょう。

プラチナカード会員以上はVIPラウンジを利用可能

アメックスのプラチナカードやセンチュリオン、デルタ・スカイマイル・アメックス・ゴールドカード会員は、デルタ航空を利用する場合のみ「デルタスカイクラブ」というラウンジを利用できます。

デルタスカイクラブはビジネスクラスやファーストクラスの搭乗者が利用できるVIPラウンジです。

このVIPラウンジをプラチナカード以上の会員であれば、エコノミークラスを利用しても使うことができます。
さらに同伴者1名も無料なので、お得なサービスです。

また、プラチナカード以上の会員は「センチュリオンラウンジ」と呼ばれる、アメックスが運営する空港ラウンジも利用できます。

センチュリオンラウンジは次のアメリカ国内の空港にあります。

●センチュリオンラウンジのある空港

  • シアトル
  • サンフランシスコ
  • ダラス・フォートワース
  • ニューヨーク
  • ヒューストン
  • マイアミ
  • ラスベガス

まとめ

アメックスカードの空港ラウンジサービスは、手軽に利用できるカードラウンジから、VIPラウンジまで幅広く利用できる空港ラウンジサービスが提供されています。
その他、豊富な空港サービスや旅行割引・優待特典など、アメックスは旅行に特化した様々なサービスが提供されているので、旅行を頻繁にするにはかなりオススメのクレカです!