アメックスカードのポイント還元率は?ポイントの効率的な貯め方

ametatsu
アメックスカードのポイント還元率は?ポイントの効率的な貯め方

アメリカン・エキスプレスのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」と呼ばれていますが、そのポイント還元率はどれくらいあるのでしょうか?
アメックスカードのポイント還元率から、ポイントの効率的な貯め方や使い方を見ていきましょう。

メンバーシップ・リワードの特徴

メンバーシップ・リワードはカードショッピング100円で1ポイントが貯まるので、効率よくポイントを貯めることができます。
また、ポイントの有効期限は最大3年ですが、一度でもポイント交換をすると、有効期限は無期限になります。

アメックスカードは高級ブランドとして有名ですが、そのためかポイントサービスにあまりメリットがありませんでした。
しかし最近になってアメックスカードでもポイントプログラムが改正になり、以前と比較するとかなり使いやすくなっています。

特にポイント還元率に関して以前は0.3%が標準で、還元率をアップするサービスもほとんどありませんでした。
しかし現在ではポイント還元率をアップできるサービスが増え、ポイント交換のバリエーションも豊富になっています。

まずはポイント還元率をアップできるサービスからご紹介しましょう。

ボーナスポイント・パートナーズ

ボーナスポイント・パートナーズは提携店を利用することで、ポイントをアップすることができるサービスです。
通常は100円で1ポイントの付与ですが、このサービスを利用すると最低でも2倍、最大では10倍のポイントが獲得できます。

通年のサービスと期間限定のサービスがありますが、特に期間限定の場合は1,000ポイントプレゼントといった破格のポイントを獲得できる提携店もあります。
最大10倍も還元率が上がるので、ボーナスポイント・パートナーズの利用は必須といえるでしょう。

さらに基本的なポイント還元率を上げるサービスもあります。

メンバーシップ・リワード・プラス

「メンバーシップ・リワード・プラス」は年会費税別3,000円で、ポイントの交換率をアップさせるサービスです。
さらに登録すると自動的にポイントの有効期限が無期限になるので、最初から時間をかけてポイントを貯めることが可能になります。

代表的なポイント交換で、メンバーシップ・リワード・プラスに登録した場合としない場合を比較してみましょう。

登録なし 登録あり
カード利用代金にポイントを使用する 1ポイント0.3円 1ポイント0.5円~1円
楽天スーパーポイント・Tポイントへの移行 3,000ポイント→1,000ポイント 3,000ポイント→1,500ポイント
ANAマイルへの移行 2,000ポイント→1,000マイル 1,000ポイント→1,000マイル

上記の中では特にANAマイルの交換率が高くなっています。1,000ポイント貯めるには10万円かかるので、10万円で1,000マイル(100円1マイル)の交換率です。
この交換率はANAカード(一般)では、年会費税別6,000円を支払って10マイルコースに登録しなければできない交換率です。
ANAマイルを貯めている人にとってアメックスカードはメリットがあります。

アメックスカードのポイント交換方法

メンバーシップ・リワードでは一般的なアイテム交換の他に、次のポイントで交換方法があります。

[ オススメ!] カード請求金にポイントを充当
カード利用後の請求金もポイントを使うことができる
オンラインで旅行予約
航空券だけでなくレンタカー、ホテルの予約もポイントで可能
提携航空パートナーのマイルに移行
ANAマイルだけでなく15の提携航空会社のマイルに移行できる
イベントへの参加
各種イベントやキャンペーンもポイントで参加することができる
店頭での支払い(ポイントフリーダム)
ネットショップだけでなく店頭で商品券をポイントで購入できるサービス

上記の中で最も便利なのでカード請求金をポイントで支払うことができるサービスです。
他のサービスでは利用できる提携先が限定されますが、どの加盟店で利用してもポイントが使えるという点で汎用性が高いサービスです。

メンバーシップ・リワードのお得な使い方

旅行や出張が多い人は、アメックカードのポイントの使い方としてマイルへの交換がおすすめです。
特にANAマイルはメンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、効率よく貯めることができます。
JALマイルは直接交換することができませんが、ブリティッシュ・エアウェイズのマイルに移行すると、JAL国内線の特典航空券への交換が可能です。
また、ロンドンへの交換マイル数はANAマイル(45,000マイル)よりも少ないマイル(39,000マイル)で交換できます。

ただしANAマイルへの移行は「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加費税別5,000円がかかります。
そのためグリーンカード(年会費税別12,000円)に税別5,000円追加するよりも、ANAアメリカン・エキスプレス・カードで年会費税別7,000円+ポイント移行コースの参加費税別6,000円を支払うほうがお得です。

まとめ

アメックスカード基本的にポイントサービスでお得になるという高還元率カードではないので、それほど大きなメリットはありませんが、マイルを貯めたい人にとってはお得なポイントサービスになります。
アメックスカードの最大のメリットはそのステータスの高さにありますが、ポイントサービスを使えば最大10倍になったり、他社にはない汎用性の高いポイント利用方法があったりと魅力が豊富です。