ANAアメックスゴールドのメリット・デメリットは?他カードと徹底比較

ametatsu
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

ANAアメックスゴールドはANAアメックスカードの上位カードとして、ANAマイルが貯まるサービスがさらに充実しています。
ANAアメックスゴールドは一般カードのANAアメックスカードや他社のANAカードと比較してどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
今回はANAアメックスゴールドのメリット・デメリットについて徹底的に検証してみましょう。

ANAアメックスカードとの比較

アメリカン・エキスプレスのANAアメックスカードと比較して、メリットとデメリットを見ていきましょう。

年会費はANAアメックスの2倍以上


ANAアメックスゴールド

ANAアメックス
年会費(税抜) 31,000円 7,000円
マイル移行費用 0円 6,000円
合計 31,000円 13,000円
差額 18,000円

年会費だけで考えると「ポイント移行コース」の年会費を加えても、18,000円の差額があるので、これはANAアメックスゴールドのデメリットと言えます。

しかし年会費が高い分、マイルを貯める特典やサービスは充実しています。

ANAマイルの貯まりやすさはANAアメックスの1.35倍

同じ条件でANAアメックスゴールドとANAアメックスでは1年間でいくらANAマイルが貯まるのかを比較してみましょう。

年間1,000マイルのフライトと、10万円のANAグループでのショッピング

ANAアメックスゴールド

ANAアメックス
ポイント有効期限 無期限 3年(ポイント移行コース
加入で無期限)
継続マイル 2,000 1,000
フライトマイル 1,000マイル+250マイル 1,000マイル+100マイル
ANAグループの買い物 10万円×3.0%=
3,000マイル相当
10万円×2.5%=
2,500マイル相当
合計 6,250マイル 4,600マイル
差額 1,650マイル

上記の差額は1,650マイルですがフライトや買い物が多いほどその差額は大きくなります。

ポイント有効期限に関しては、ANAアメックスゴールドは最初から存在しませんが、ANAアメックスはポイント移行コースに登録してようやく無期限になります(登録しなければ3年で失効)。

更にANAアメックスカードではポイント有効期限が切れる3年目終了時までにポイント移行コースに登録しなければANAマイルに移行することができません。

2年目までに登録してしまうと年会費を2年分余計に支払うことに。

対してANAアメックスゴールドは有効期限切れを気にすることなく、無料航空券に交換できるマイルに達するまでストレスフリーにポイントを貯めることができます。

このようにANAマイルを貯める性能では、ポイントの貯まりやすさと期限について考える必要がない点で、ANAアメックスゴールドに大きなメリットがあります。

ANAアメックスよりも充実した特典

ANAアメックスゴールドでは、ANAアメックスでは提供していない以下の特典やサービスがあります。

  • リターン・プロテクション
  • キャンセル・プロテクション
  • エアポート送迎
  • コットンクラブ
  • 新国立劇場
  • ゴールド・ワインクラブ
  • 京都観光ラウンジ
  • H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

さらに付帯保険の補償金額も以下の通りとなります。

ANAアメックスゴールド ANAアメックス
死亡・後遺障害
(国内旅行保険)
5,000万円 2,000万円
死亡・後遺障害
(海外)利用付帯
1億円、自動付帯:5,000万円 3,000万円
治療費用(海外)利用 200万円 100万円
救援者費用(海外)利用 300万円 200万円
賠償費用(海外) 4,000万円 3,000万円
携行品損害(海外) 1旅行50万円 / 年間100万円 1旅行30万円 / 年間100万円

サービスや特典ではANAアメックスゴールドカードに大きなメリットがあることがわかります。

ANAダイナースクラブと比べたメリット・デメリット

ANAダイナースクラブカードもANAマイルが貯まるカードとして有名ですが、ANAアメックスゴールドとどちらのメリットが大きいでしょうか?


ANAアメックスゴールド

ANAダイナース
年会費 31,000円 27,000円
ANAマイル 2ポイント/200円の加算
(ANAグループの利用)
Edyチャージで0.5%の付与

年会費ではANAアメックスゴールドが31,000円、ANAダイナースが27,000円なので、これはANAアメックスゴールドの方が高額。

ANAマイルに関しては継続ボーナスやフライトマイルの割増において、ANAのサービスなのでどちらも同じですが、ポイント付与について違いがあります。

ANAアメックスゴールドでは、ANAグループの利用で200円に付き2ポイントが加算され、ANAダイナースはEdyチャージで0.5%のANAマイルが付与されます。

EdyチャージとANAグループの利用という違いはありますが、利用金額のことを考えると、ANAグループでのポイント付与が大きいANAアメックスゴールドにメリットがあると言えるでしょう。