20代でも手に入る!ANAアメックスゴールドの審査基準と通過するコツ

ametatsu
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

ANAアメックスゴールドカードは年会費31,000円(税抜)と、プロパーのゴールドカードよりも高く、審査基準も高いイメージがありますが、実際の審査難易度はどれくらいでしょうか?
今回はANAアメックスゴールドの審査基準や審査難易度について解説します。

返済能力・信用のない人には発行されない

ANAアメックスの審査だけでなく、すべてのクレジットカード審査には一定の基準があり、特に審査を通過しないケースには以下のような共通点があります。

  • 申し込み基準を満たさない(年齢制限など)
  • 無職で収入がない(専業主婦、学生は例外)
  • 年収が極端に低い(100万円未満など)
  • 過去に返済遅延が多い、未払いがある
  • 個人信用情報機関に事故情報がある

返済能力がない、ちゃんとお金を払ってくれないと判断が下された場合に、審査を通過しない共通点として挙げられます。

反対に審査を通過するケースは上記のケースに当てはまらない場合ということになりますので、過去に延滞やクレジットの事故がなく、安定した収入があれば審査を通過するということです。

それではANAアメックスゴールドでは、どの程度の年収があれば審査を通過するのか検証してみましょう。

300万の年収があれば審査通過

まずは申し込み基準を見ていきましょう。

「満20歳以上で定収があり日本に居住している」というのが、ANAアメックスゴールドの申し込み基準。

専業主婦は申し込み可能ですが、学生やパート・アルバイトは申し込み基準に達しないと判断されるので審査を受けることもできません。

ANAアメックスゴールドはANAと提携して発行するクレジットカードです。

提携カードはプロパーカードに比べて審査基準が低いと言われていますが、その根拠は何でしょうか?

提携先があるということは、ある程度配慮のある審査基準を設定することになります。

その配慮の内容とは、提携先に会員数を増やすことで、本業に大きなメリットが生まれるので、審査が厳しすぎるカードでは意味がありません。

かといって審査基準が低すぎてもカード会員は増えますが、提携先が望む顧客層ではなくなるリスクも。

そのため同じグレードのプロパーカードより、少し審査基準を低くしたくらいが適切な審査難易度となります。

それを考えるとアメックスのプロパーのゴールドカードでは、年収400万円前後で審査通過率が高くなるので、ANAアメックスゴールドでは、年収300万円~350万円でも審査を通過する可能性が高いです。

クレヒスで実績を作る

クレジットヒストリー(クレヒス)はクレジットやローンの利用履歴のことですが、クレジットカード審査では重要な要素となります。

基本的にカード審査は返済能力が十分にあるかを判断するのが目的です。

その判断材料としてクレヒスは重要な役割を果たします。

クレヒスは実際にクレジットを利用した実績なので、年収以上に返済能力があるかどうかが分かるからです。

そのため、いくら年収が高い医師や弁護士、上場企業の役員であっても事故歴や長期延滞、未払いがあれば審査を通過することはできません。

反対に一般的な中小企業の社員でも、過去に延滞しないで完済した利用件数が多いほど、良好なクレヒスとなるので審査通過率が高くなります。

ANAアメックスゴールドの審査通過に不安がある場合は、事前に良好なクレヒス作りをしてから申し込みすると審査を通過する可能性は高いでしょう。

具体的には審査を通過しやすいクレジットカードを先に作って、1年程度延滞せずにきちんと支払いを続けてからANAアメックスゴールドに申込みましょう。

可能であればANAアメックスカードを利用して実績を積めば、より審査通過の可能性は高くなります。

他社カードの実績よりは自社カードの実績を評価するのは、どこのクレジットカード会社でも同じだからです。

1~2週間で手元に届く

アメックスカードは他社のカードと比較すると審査期間もカード発行期間も長くなります。

即日発行ができるクレジットカードもある中で、アメックスカードが手元に届くのは平均で1~2週間かかると言われています。

ANAアメックスゴールドも同じですが、郵送で申し込みをするよりはインターネット申し込みのほうが郵送期間を短くできるのでカードが手元に届く期間を短縮できます。

ANAアメックスゴールドはANAとの提携カードなので、空港内で申し込みを受け付けている場合もあります。

空港で申し込みをしても審査通過率が高くなるわけではありませんが、インターネット申し込みと同じように郵送期間を短縮できるので活用してみましょう。

まとめ

結論としてANAアメックスゴールドは

  • 300万円の年収
  • クレヒスが良好であればいい

という点から審査難易度は高くありません。

特にアメックスのプロパーゴールドカードに比べると、審査を通過する可能性は高いでしょう。

また、他社のゴールドカードと比較しても、銀行系ゴールドカードの中には30歳未満は申し込みできない場合もあります。

20歳以上であれば申し込み可能なANAアメックスゴールドは、若い世代でも手にできる可能性が高いゴールドカードです。