ANAアメックスプレミアムのインビテーション条件は?入会方法とメリット・デメリットを徹底解説

ametatsu
ANA アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

ANAアメックスカードの中でも最高峰であるプラチナカードに匹敵する、ANAアメックスプレミアムカード。

ANAアメックスプレミアムは、プラチナカード扱いであるためインビテーションのみでしか手に入れられないと思われがちですが、申し込みが可能な数少ないプレミアムカードです。

しかし入会するための条件は公式には発表されていないために、疑問を持たれている方は多いかと思います。

そこで今回は、ANAアメックスプレミアムのインビテーション条件やメリット・デメリットについて解説していきます。

  • インビテーション条件は年間350万円以上の利用
  • 手に入れるならインビテーションorアップグレード
  • 年会費150,000円も納得の特典内容

ANAアメックスプレミアムカードの入会方法

手に入れるならインビテーションorアップグレード

プラチナカードといったプレミアムカードを手に入れるには、インビテーションによる入会しかできないという招待制によるものが一般的ですが、

ANAアメックスプレミアムカードを取得する方法としては以下の3つの方法があります。

  • 直接申し込みをする
  • ANAアメックスゴールドカード会員になって切り替え申請する
    (アップグレード)
  • ANAアメックスゴールドカード会員として、利用実績を積み重ねて
    インビテーションを待つ

ANAアメックスプレミアムは、一般カードと同じように、直接申込することができる数少ないプラチナカード。

直接申し込みする場合は一定以上の年収や安定した収入があることが必要ですが、明確な必要年収などは公開されていません。

アメックスプラチナカードの取得に必要な年収は1,000万円と言われており、提携カードであることを考えると1,000万円未満の年収でも十分入会は可能です。

年齢も20代でANAアメックスプレミアムカードを保有している人がいるので、勤務先やクレヒスによっては500万円程度の年収でも審査を通る可能性はあります。

しかしもっと確実に手に入れるためには、やはりANAアメックスゴールドカードに入会して実績を積んでインビテーションを待つか、アップグレードを申請しましょう。

毎月30万円の利用でインビテーション条件を満たす

インビテーションの条件も公開されていませんが、年間利用金額は高額な利用をするのではなく、少額利用の積み重ねでもインビテーション条件を満たします。

その例として毎月30万円の利用をしていたら届いたという方がおられ、このことから少なくても年間350万円以上の利用は必要でしょう。

ただ、インビテーションが来たからと言って必ずしも審査に通るわけではないようです。

対して、インビテーションを待つよりも積極的にアップグレードの申請をしたほうが結果は良いようです。

というのもANAアメックスゴールドカードをメインカードにして生活資金のほとんどをカード決済するほうが、アメリカン・エキスプレスへの印象は良くなるため。

ANAアメックスプレミアムカードを手にする近道としては、ANAアメックスゴールドカードをメインカードにして、1年以上経過してからアップグレード申請をすることです。

ANAアメックスプレミアムカードのメリット

ANAアメックスプレミアムでゴールドカード以下のカードにはない主なサービスや特典は以下のとおりです。

ANA アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

  • 入会・継続ボーナスが10,000マイル
  • フライトマイルの割増50%
  • プライオリティ・パスのプレステージ会員無料
  • プレミアム・サービス・デスク(コンシェルジュサービス)
  • 高級ホテルの上級会員資格
  • ANAカード特約店でのマイル付与が最大4.5%

上記以外にも豊富なサービスや特典がありますが、ANAマイルが貯まるメリットについて詳しく解説しましょう。

マイルがザクザク貯まる

ANAアメックスプレミアムカードでは、ANA航空券(ANA SKY WEBで購入)や機内販売ではポイントが2.5倍になる上に100円に付き2マイルが加算。
10,000円の利用では、250ポイント(250マイル相当)+200マイル=450マイルが貯まります。

さらにフライトマイルの割増がゴールドが25%に対してプレミアムカードは50%になります。

また、ANAアメックスゴールドカードは、カード継続するだけで、ゴールドなら毎年2,000マイルがプレゼントされるところをプレミアムカードでは10,000マイルがプレゼントされます。

これらを活用すれば毎年無料航空券の簡単に交換が可能。

カードを使うだけでザクザクマイルが貯めることができるのが、ANAアメックスプレミアムの最大のメリットです。

ANAアメックスプレミアムカードのデメリット

ANAアメックスプレミアムカードのサービスや特典にデメリットはありませんが、一つだけ挙げられます。

高額な年会費150,000円

やはり高額な年会費は唯一のデメリットと言えるでしょう。

しかし、年会費は月割にすると税込でも13,500円の支払いとなるので、毎月のサービス料と考えるとそれほど高額ではありません。

また、家族カード4枚まで無料なので、家族が多い人ほど一人あたりの負担額は少なくなります。

家族の人数 一人当たりの年会費
(税抜)
1人 150,000円
2人 75,000円
3人 50,000円
4人 37,500円

コンシェルジュサービスは事業主や会社経営者であれば、私設秘書を雇う人件費に比べると年会費は格安とも考えられます。

何より、苦労しなくても毎年国内旅行の報復航空券が無料になるほどANAマイルが貯まることは、大きなメリット。

すべてのサービスや特典は利用できなくても、ANAアメックスプレミアムカードは十分に年会費以上のメリットがあると言えます。

まとめ

  • インビテーション条件は年間350万円以上の利用
  • 手に入れるならインビテーションorアップグレード
  • マイルがザクザク貯まりやすい

ANAアメックスプレミアムカードは簡単に手にすることはできませんが、その特典やステータスの高さは年会費以上の価値があり、また直接申し込みできるのという点もアメックスのプラチナカードに比べてメリットがあります。

ANAマイルを貯めている人であれば、アメックスのプロパープラチナカードよりも、年間350万円以上の利用で手に入れられるANAアメックスプレミアムカードにチャレンジしてみましょう。